2009年08月04日

戦場とうつ病090804

うつ病は贅沢病。

豊かで平和な環境で起こる。

もし、ここが戦場で、


いつ地雷を踏むか、

いつ爆弾が落ちるか、

いつ弾が飛んで来るか、


となると、うつ病どころではない。

自殺を考えるなどとんでもない。

現実の死と隣り合わせの環境にいれば、
何も自分から死ななくても、一瞬の不注意で死ぬのだから。

そんな中で自殺はないだろう。

実際、戦場で生きる人々の自殺率は非常に少ないらしい。

今の日本は有難いことに平和であるが、
とらえ方によっては戦場。

地雷が見えないだけ。

死が分りにくいだけで
隣り合わせであることに変わりない。

明日死ぬ確率が低いだけ。

それで、結局、


「それならば、今日を精一杯後悔無きように生きよう」と思うか、

「どうせ死ぬのだから適当にやろう」と思うか、


でその人の生き様は随分違うだろう。

それでも、どちらも「明日を思い患わない」ことは同じ。

来るか来ないか分らない明日を思い患わないで、今を生きる。

一方は向って行く、一方はやり過ごす。

それでも、明日を思い患ってうつ病になるくらいなら、
今日をやり過ごして行く方がまし。

むやみに向って行くのもエネルギーがいるし。

「ただ生きているだけ」は不満かもしれない。

しかし、生きていればいいこともある。

あとから振り返って見ると分かることもある。

戦場の子供はいつか戦争が終って
平和が来ることを夢見てはいないかもしれないが、
毎日を上手くやり過ごして生きている。

たぶん、僕たちもそれが出来ると思う。

いのりひとは軽いうつ病から立ち直りましたから。


でも、やっぱり平和がいい。

だから今日も世界平和を祈る。


世界人類が平和でありますように。

日本が平和でありますように。

私達の天命がまっとうされますように。

守護霊様ありがとうございます。

守護神様ありがとうございます。


そして、妖怪が平和でありますように。

タグ:自己啓発
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

貧乏は病気か090726

生長の家によると、貧乏は病気の一種だという。

いのりひとは幸いにも、
今のところ生活出来ないほどの貧乏になったことはない。

普通のサラリーマン家庭で育ち、
普通のサラリーマンをやっているので、
リストラされたにしろ追い詰められるほどの貧乏になったことはない。

しかし、世の中には本当に病気で貧乏な人もいるが、
ギャンブルや酒、株、など、
中毒状態でなるべくしてなった貧乏な人もいる。

さすがにそれは自業自得。

引き寄せた、ということ。


マイナスの引き寄せはたちが悪い。

しかし、引き寄せはプラスでも起こる。

引き寄せた事実に自信を持てばいい。


パチンコで負け続けて家を売ったおじさんがいる。

こうなると、末期症状。


立派なパチンコ中毒。

貧乏は病気、を思い知らされる。


おじさん、なぜなんだ!?


不治の病なのか?


しかし、引き寄せた結果がプラスかマイナスかは関係ない。


毎日の行動が、長い日々の積み重ねが、結果を呼び寄せる。


だから、良いことを考えて行動しよう。

日常のちょっとしたことは、仏の慈悲を思うようにしないか。

大きな決断も、小さな決断も、決断することに変わりない。

行動するのも、しないのも。

慢性病も日々の決断と行動の結果。

貧乏も同じ。

明るく健康で元気にやろうと思ったら、早寝早起きが基本。

特に、早起きは決断。

果たして、朝四時から働いて病気で貧乏な人はいるのだろうか。

朝四時まで起きている病気の人はいるだろうが。

心が折れたら逆効果だが、
悪いと分かっていることをやめる勇気と決断があれ、
振子のように良いことが押し寄せる。

引き寄せや呼び寄せどころではない。

「押し寄せる」である。


幸運が押し寄せるようにいつもの薬を唱えよう。



世界人類が平和でありますように。

日本が平和でありますように。

私達の天命がまっとうされますように。

守護霊様ありがとうございます。

守護神様ありがとうございます。


そして、妖怪が平和でありますように。

タグ:自己啓発
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

病気 豚インフルエンザ2●0522

豚インフルエンザが話題になっている。

生物化学兵器ではないかという
うわさが絶えない。

ところで、これによって
どのくらいの被害が出るだろうか。

色々なところに伝染しているので
よく分からないが、

一説によると大したことには
ならないという。

なぜか。

この手のウイルスは強すぎると宿主を
すぐに殺してしまうので

遠くまで感染できない。

たとえば、鳥インフルエンザも
強いウイルスにかかった鳥は

遠くまで飛ぶ前に死んでしまうので
被害が広がらない。

有名なのはエボラウイルス。
24時間で人が死ぬという。

しかし、その殺人力が
強すぎたので

広がるということはなかった。

広範囲にばら撒こうとすると
ウイルスが弱いほうがよいが

弱すぎると人間や動物の免疫力が
勝ってしまうので、意味がない。

ということで、
生物兵器で広範囲な大量殺人というのは
通常は難しい、ということのようである。

むしろ、うわさによる被害の方が
大きいように思われる。

飛行機会社は大打撃。

逆に、マスクは売れている。

なお、生物兵器は、
密集した不衛生な場所でばら撒けば
大変な被害がでる。

ろくなもんじゃないことに変わりはない。

こんな病気に惑わされないように、
いつもの薬を唱えよう。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。


タグ:病気
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病気 うつ●0510

うつ病は現代病。

いのりひともうつ病に
なったことがある。

どうすればうつ病になれるか。

いのりひとのなった方法は下記のとおり。

まず、すべてのことを自分の責任だと思う。

何かある度、私が悪いんです、と言う。
その上で中途半端に反省する。

こんな感じで何か月か過ごせば
軽いうつ病になっているだろう。

実際、いのりひともこんな感じでうつ病になった。

なって良かったことはない。

軽いうつ病といっても、
辛いことには変わりない。

やっぱり夜は眠れない。

目を閉じたらもう起きられない気がする。

朝は、起きられない。
毎晩睡眠薬を飲む。

そんな状態だから会社ではフラフラする。

間違えて、睡眠薬を朝飲んだら、
身体がフワフワしてどうしようもないことがあった。

人の目が怖い。

一度なると、なかなか治らない。

もし、治ったとしても、
いつ再発するか不安で仕方がない。

本当にろくなものじゃない。

そんな厄介なうつ病から逃れることが出来たのは、
会社をやめて四国八十八ヶ所を回ったあとからか。

巡礼の旅は、きついものだった。

しかし、肉体があるおかげで
心がつまらないことを忘れることが出来る。

少し違う世界を見たということ。

その思い出はサイドバー右のリンク集、
へんろ りすとらへんろ へんろに呼ばれる、
に書いた。

なぜこのブログが問題点を
妖怪のせいにしているかというと、

なんでも自分の責任にしてしまうと
うつ病の危険があるから。

実際には環境はみな自分の心の
現われであるらしいが

それを受け止めるには
相当心が健康でないとまずい。

妖怪のせいにして消していくほうが
面白いし、気が楽。

効果は別として、
あまりショックの大きい薬は
副作用も大きい。

この妖怪たちが、全部自分の分身で
やがて消えていく姿だと

消してもらえる姿だと
わかればそれでいいのではないかと思う。

このブログを書いたり
読んだりすることで

いずれ消えてゆく姿である
妖怪たちに感謝できるようになれば

それなりのうつ病対策ということ。

つまらないうつ病にならないために
いつもの薬を唱えよう。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:病気
posted by いのりひと at 10:00 | Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

病気 豚インフルエンザ

豚インフルエンザがはやっている。

電脳卸には、その対策グッズが売っている。

インフェシャット用マスク高機能フィルタータイプ業務用72枚【総合百貨店 プレジデント】

ところで、もう人間に肉を食べるなという
天のはからいなのだろうか。

牛肉がBSE。

鳥がインフルエンザ。

豚がインフルエンザ。

どう考えても食肉用はだめ。

意識的に食糧危機を演出しているのか。

どこかの国の軍隊が
殺人細菌を試しているのか。

人間が動物を食べるという
残酷なことをやめろというのか。

人間が人間を支配する道具として
病気を使おうということか。

金持はもう十分金で
大勢の人を支配しているではないか。

そんなに、最後の一人まで
支配コントロールしなければ
自分の身が危ないのか。

今回のインフルエンザで、
世界は定期的にはやる病気が

仕組まれていることに
気がつくかもしれない。

昔はもっと巧妙に仕組まれ、
普通に考えて分かるような

こんなわかりやすいやり方では
なかったはずだ。

もっとうまく、だましていたはずだ。
情報操作が出来ていたはずだ。

なぜ、ここまで下手になったのか。

こんなに、あっさりと
仕組まれたことがばれてしまうのか。

数の力の恐ろしさは
歴史が証明している。

なにをあせっているのか。

こんなに続けざまに
仕掛けてしまえば

からくりを暴こうとしている
多くの人にすぐに見つかる。

人口を制御したいなら、
こんな直接的な方法ではなく、

明るい家族計画

のようなスローガンを掲げ、

教育レベルを上げて
結婚期間を短くし、

生活水準を上げて
精神を疲れさせるような

政策を採らないと
人口は減りはしない。

日本は見事にはまっている。

この国は、これから人口が激減する。
それも、病気や飢饉や災害ではなく、

教育水準の高さゆえに、
自滅していく。

それを選んだ民族なのである。

平等な競争社会の中で
教育レベルを上げることは

最も差別化を図ることになる。
これは、才能とは別。

金と時間をかけることで、
たいていの人は水準以上になる。

その結果、晩婚化が進み
出来た子供の養育費で家計パンクし、

子供自体の数が減り、
とうとう、人口を維持できないところまで

出生率が落ちてしまった。

だからといって、
いまさら急に子供が増えるわけではない。

家庭を崩壊させたため
離婚が増え、ますます子供が減っている。

人間が社会で上手く生きようとすると、
そんな意識が強い人が増えるように教育すると

こんなことになる。

生物として、増えすぎることは
危険なことなので、

この国はこれでいいのかも
知れないが。

いずれにしても、
インフルエンザは人為的に
起こされているように見える。

だから、ワクチンが早々と出来て
しかも、その量は不十分で

薬屋は儲かるという
図式になっている。

こんなことは、
なんとなく誰もが
うすうす感じていることだ。

しかし、これをけしからんとか
社会を変えるとか言ってみても
はじまらない。

病気をばら撒いているほうも
それなりに大変なのだ。

色々考えて、真実は不明なので
やっぱりいつもの薬を唱えよう。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:病気
posted by いのりひと at 11:04 | Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

妖怪キセイ

よく考えると具体的な被害はないのだが、なぜか恐い。

妖怪キセイ。

漢字で書けば奇声。
たまに、電車の中で見掛ける。

これは本当に病気。
しかし、それを憐れむ前に恐いのである。

奇声をあげているご本人も、
やりたくてやっているわけではないだろう。

それでも恐い。

これは、妖怪キセイの仕業に違いない。
なぜか叫ばずにはいられない。

悪いのは妖怪キセイで、
奇声をあげている本人ではない。

病気は呼び寄せられるというが、
こんなものは本人の責任ではないだろう。

そう思ってもやっぱり恐いので、
なるべくかかわらないように近寄らないようにする。

私にはどうしようもないので遠くから祈る。

妖怪キセイがキツくならないように、
少しでも静かな生活が出来ますようにと。

そう、いつもの薬。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:妖怪
posted by いのりひと at 10:00 | Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

妖怪幻覚さん

妖怪幻覚さん。

こちらも今のところお会いしたことはない。

それにしても、
見えなくていいものが見えてしまうというのは

かなり怖い。

それを楽しんでいる人や
それで金を儲けている人もいるみたいだが。

こいつは、幻聴さんと親戚だろうが、
もう少し付き合いやすいかもしれない。

見えているからといって、
無理に人に話をする必要もない。

うっとうしいだろうが、
頭の中に直接話しかけてくる
幻聴さんよりはましだろう。

ただ、
どちらにしても、病気であると診断される。

つらいと思う。

それと、困ったことに幻覚が見えると
商売になることがある。

そして、商売になり始めると
見えなくなったりする。

都合のよいものだけが
見えなくなったりする。

妖怪を人間の欲望のために使うな!
危険なので。

危険を回避するために、いつもの薬を唱えよう。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私たちの天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:妖怪
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妖怪幻聴さん

幻聴さん。

今のところ、お会いしたことはありません。

しかし、聞こえる方にはつらいもののようで、
生活自体が大変なのだそうです。

なんだか、いつも誰かにささやかれていたり、
なんだか、いつも誰かに何かを言われていたり。

不気味です。

しかし、それを単純に病気であると決めてしまうのは
つらいことではないかと思うのです。

ただでさえ、わけのわからない幻聴が聞こえるのに
それが聞こえるというだけで

周りの人から白い目で見られる。

もしかすると、その幻聴は
なにか重要なメッセージをくれているかも知れないのに。

祓えるものなら祓いたいのでしょうから、
心無い人の視線の方がこの妖怪より怖く感じるのは
私だけでしょうか。

どうしようもない自分の病気を
妖怪のせいにしておく。

ばかばかしいかも分かりませんが、
それで、少しでも苦痛が和らぐなら、
それもひとつのやり方と思うのです。

ここにたどり着いたひとは、
これまで、相当にいやな目にあってきたと思うのです。

それが、こんなちょっとしたことで
ましになるのなら。

今日は幻聴さんがたくさん来ています、とか
今日の幻聴さんはかわいいですよ、とか
今日は幻聴さんが機嫌がいい、とか
妖怪幻聴さん、うまくお付き合いください、とか

頭の中に何を話しかけているんだ、
いやだいやだいやだ、来ないでくれ。

こんな気持ちになっていた人が
実はこいつは妖怪だ、と思うことで

気持ちが和らぐのなら、
このブログでも、少し役に立つのかもと。

それでも、やっぱり、たまには静かな生活をしてみたい。
そんな時は、いつもの薬。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私たちの天命がまっとうできますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。

posted by いのりひと at 10:00 | Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。