2010年12月31日

妖怪めとり

ひとつ妖怪を思いつきました。

妖怪めとり

漢字で書けば「目取り」

他人の目をとって見てしまうというやつです。

自分の人生があまりにもつまらないので、

他人の人生を覗き見する妖怪。




幸せそうな他人を見ると、

腹が立つ。

不幸な他人を見ると喜ぶ。



しかし、

取った目は他人のものですが、

今となっては自分のものですから、

不幸な現実を見続けられない。

なにせ、不幸なのは自分ですから。




結局、

いつまでの他人のことが気になるのですが、

いつまでも満足はできません。

それで、また、別の人の目を取る。



際限なく。



それなら、

自分の目で、自分の人生を見ればいいじゃないか。

それなら、

自分の人生を楽しくすればいいじゃないか。




妖怪めとり、は勘違いをしています。

幸せは他人の中にあると思っているようです。

他人の目などとって何になるのでしょう。



自分専用の自分の目があるというのに。

そのための自分の目なのに。




たとえば、他人のやっているドラクエを見て、

なにか面白いでしょうか。

自分でやるほうがもっと面白いと思うのですが。



そんなことがわからない。

だから、妖怪めとり。


どういうわけか他人が羨ましくて仕方がない。

あなたはとり憑かれていませんか。

タグ:妖怪めとり
posted by いのりひと at 14:03 | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

肉体は不便を楽しむためにある

どうも。

最近気がついたことですが、

魂にとって肉体は鎧のようなもので、

周りから危害を及ぼされたり、

周りに迷惑をかけないためにまとっているだけで、

実は、結構重たいものだ、ということです。

いってみれば不便なもの。


まあ、こんなことは多くの人が薄々感じていると思うのですが。


では、なぜ不便な肉体をまとっているのか。

自分を守るため、というなら身軽に魂だけでいたほうが楽でしょう。

色々考えて思いついたのが、

実は、わざわざ不便な状態にして、それを楽しんでいるのではないか、

ということでした。


たとえば、便利な都会の生活に慣れてしまったら、

たまにキャンプにいってリフレッシュ、とか。


RPGゲームでもはじめから最高レベルでは

つまらないわけで・・・

(ラスボスが倒せるレベルで始めたい人もいるとはおもいますが)

思ったことが実現するにしても、

かなり時間差があるというのがこの世の習い。

時間、空間、肉体、重力など、魂を縛り制約するものは、

皆、不自由を楽しみ、不便を楽しむものではないのでしょうか。

この世で人間として生活するということは

チョッと不便だったり、理不尽だったりするのが

楽しい、というかなんというか・・・

山登りはしんどいけれど、しばらくするとまた登りたい感じ。

むしろ、ハンデが大きいほど面白いと思っているのかもしれません。

魂のレベルでは。



タグ:肉体 不便
posted by いのりひと at 22:43 | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

飯よりも神


貧乏でまずは飯といっていた人が、

医者に見放されて信心する。


元気な時から信心すればよかったのに。


確かに、神では飯は食えないが

趣味が世界平和の祈りなら

たぶん、お金はいらない。

そんなもんだろ。

タグ:
posted by いのりひと at 01:00 | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

妖怪依頼心

不足を思うと依頼心が出る。

生きていることが全部で、それ以上を欲しがると無理が出る。

自分でどうにかなることと、どうにもならないことがある。

朝起きるかどうか。
自分でどうにかなる。

雨が降ること。
自分ではどうにもならない。

自分でどうにもならないことは考えても仕方がない。

ただし、多くの場合対策はとれる。

雨が降れば傘をさせばいい。

無理に外に出る必要もない。

これは自分でどうにかなる。

依頼心が強いと自分でどうにかなることが減る。

結局、ストレスが増える。

妖怪依頼心。

強力なやつ。

世界は簡単に平和にならないが、
世界平和を祈ることは出来る。

だから今日も世界平和を祈る。


世界人類が平和でありますように。

日本が平和でありますように。

私達の天命がまっとうされますように。

守護霊様ありがとうございます。

守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
posted by いのりひと at 21:43 | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

妖怪モチベーション

モチベーションが上がらない。

やるべきことは目の前にあるというのに。

妖怪モチベーションのせいだ。

なぜ、モチベーションが上がらないのか。

というか、やる気がなくてもやればいいのではないか。

そもそも、モチベーションはなぜ必要なのか。

生活するための仕事以外、いやいややってどうするのか。

生活するための仕事は、いやいややることが多いだろう。

好きでやれるにこしたことはないが、仕事が好きな人は少ないので。

しかし、それ以外の趣味ならば、嫌ならやめればいい。

自分がなにをしたいのか。

ただ考えてもわからないので、色々やって見る。

そこで、続かないようなら、それまで。

また違うことをやる。
趣味なのだから、ちょっとやって嫌ならやめればいい。

とにかく無理をしない。

やる気がない時はやる気が出るまで待つ方がいい。

仕事や勉強の場合は無理に御褒美を作ってでもやるしかない。

しかし、趣味なら待つのもありだし、中途半端でもいい。

世界平和の祈りも趣味なので、モチベーションも低く、やる気がなく、中途半端であるが、嫌ならやめればいい。

とはいうものの、やっぱり世界は平和がいい。

ということで、今日も世界平和を祈る。

タグ:妖怪
posted by いのりひと at 09:12 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

妖怪世間体090828

妖怪世間体。

かなりやっかいなやつ。

気にしてどうなるのかと思うが、集団生活では気になる。

周りの評価は大切。

このブログでいっているセルフイメージを高めることは、
周りとの関係をよくすることにほかならない。

日本では特に。

それにしても、世間体がセルフイメージと同じことだと分かれば、
対応もしやすい。

それで、セルフイメージアップのために、今日も世界平和を祈る。


世界人類が平和でありますように。

日本が平和でありますように。

私達の天命がまっとうされますように。

守護霊様ありがとうございます。

守護神様ありがとうございます。


そして、妖怪が平和でありますように。

タグ:妖怪
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

空回り090805

一生懸命やっても成果が出ない。

妖怪空回りのせいだ。

やればやるほど空回り。

選択は二つ。

諦めるか、もっとやるか。

諦めた場合、やり方を考える必要がある。

今までやって来たことは何だったのか、
なにをどうすればいいのか。

しかし、普通はそんなことを考えても、
気がつかない。

当然である。

身に着いた思考パターンは、
簡単に変わりはしない。

今までと違うことは疲れるのである。

疲れることは続かない。

諦める癖が付くとなにをして良いか分からなくなる。

更に空回り。

それならば、今までやって来たことをもっとやるか。

これは、どこまでやれば結果が出るか分からない。

解答のない問題をとくようなもの。

この方法でいいのか。

迷いながらやる。

やはり空回り。

で、どちらも空回り。
妖怪空回りのせいだ。

思考パターンが変わるまで、
これは続く。

まあ、プロセスが楽しいなら、
それでいいと思う。

苦しいなら、
とりあえずいつもの薬。


世界人類が平和でありますように。

日本が平和でありますように。

私達の天命がまっとうされますように。

守護霊様ありがとうございます。

守護神様ありがとうございます。


そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:自己啓発
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

妖怪 不親切090803

妖怪不親切。

親切にすることが大切だということはみんな知っている。

どんな時にそうすべきかも。

しかし出来ない。

妖怪不親切のせいだ。

こんな時、出来なかった自分を責めても仕方がない。

妖怪不親切を追い払おう。

そして、人に親切に出来る自分になろう。

ただ反省するだけでは親切にはなれない。

だから、いつもの薬。

世界人類が平和でありますように。

日本が平和でありますように。

私達の天命がまっとうされますように。

守護霊様ありがとうございます。

守護神様ありがとうございます。


そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:妖怪
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

恥ずかしいこと090731

あなたにとって恥ずかしいことはなんでしょうか。

いのりひとにとって恥ずかしいことはない訳はなく、
生きていることが恥のようなところがあります。

恥を減らすために何をすればいいか。

どうすればいいか。

結局、自分を許すことでしょう。

いつでも恥を感じながらでは生きていけないのですから。

許すためには寛容である必要があります。

そして、寛容であるためには、セルフイメージが高い必要があります。

そうでないと、許すなんておこがましい、という卑屈な話になります。

生きている限り恥ずかしいことは続きます。

しかし、恥ずかしい自分を許してやれる高次の自分を意識出来れば
もう少し生きていける気がするのです。


高次の自分を意識するために、世界の平和を祈りましょう。


世界人類が平和でありますように。

日本が平和でありますように。

私達の天命がまっとうされますように。

守護霊様ありがとうございます。

守護神様ありがとうございます。


そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:自己啓発
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

妖怪 いいわけさん090727

妖怪 いい訳さん。

するなと言われてやってしまう。

いい訳。

誰でもとりつかれている。

いい訳さん。

見ない日はない。

出来なかったり、弱い所は隠したい。

自分を守るために仕方がない。

しかし、いい訳はセルフイメージを下げる。

特に他人の責任にするいい訳は。


妖怪いい訳さんのせいだ。

あまりにも自分の責任を感じ過ぎるのも問題だが、
何でも周りのせいにするのも問題。

こいつにやられてしまわないように、
いつもの薬を唱えよう。



世界人類が平和でありますように。

日本が平和でありますように。

私達の天命がまっとうされますように。

守護霊様ありがとうございます。

守護神様ありがとうございます。



そして、妖怪が平和でありますように。

タグ:妖怪
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

妖怪 間が悪い●619

なぜか間が悪い人がいる。

なぜか間が悪い時がある。

確率の問題ではある。

妖怪間が悪いのせい。
周りにいないか。

いない時に限って電話がかかって来る人。

普段はいるのに、探すといない人。

努力するほど悪くなる人。

間が悪い。

見事に。

引き寄せている。

本人に「やりたくない」意識が強ければ、
間が悪いは引き寄せられてやって来る。

表面上、やるべきことをしていても、
無意識に引き寄せてしまう。

とりつかれるとなかなか離れてくれない。

かなり厄介。

だからやっぱりいつもの薬。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:妖怪
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

妖怪 メンツ●618

妖怪メンツ。

人間は本能的に相手と自分の上下を比べる。
まあこれは、人間に限らない。

野生の動物も、縄張争いはするし、実際に戦う場合もあるし、
身体の大きさを見せたり、孔雀のように美しい羽根を見せたりして、
相手と比べる。

生存本能だろう。

人間も同じ。

大抵は見た目。

そして、面子を立てることが重要。

自分で自分の価値を下げるようなことをしてはいけない。

服なども、金を掛けないにしても、こざっぱりとして、
おしゃれな方がいい。

人に下に見られないことが重要。

これは、黒いベンツに乗っていれば高速で煽られることはない、
というのと同じこと。

自分が生きやすいようにするには、
メンツは大切。

鼻持ならないのは困るが、あまりせこせこしていては、
下に見られる。

儒教などでいう小人になる。

何もわざわざ自分から小人になることはない。

見るからに不安でキョロキョロし、せこせこしていては、
運命も良くはならないだろう。

少なくとも、俺はそんな奴を尊敬する気にはなれないし、
応援する気にもなれない。

逆に、堂々としている人を見れば、すごい人だと思う。

だから、面子は大切。

高慢も卑下慢も嫌われるが、自然に威風堂々としていることは、
社会においてとても大切。

自分が自分をどう思っているかということは、
他人が見ている目に反映される。

自分が王様なら周りもそのように見る。

神様に守られていると思えば、
神に祝福されていると思えば周りもそう思う。

恐ろしいことに、神に祝福されているなどと言うことは、
自分で勝手に思っていい。

根拠などない。

バブルのようなもの。
しかし、ただの紙切れが千円にもなれば一万円にもなる。

信用すればその価値は十倍というわけ。

まさに、信じるものは救われる。

ということで、神に守られた存在であるために、
いつもの薬を唱えよう。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:妖怪
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

妖怪 傲慢●616

妖怪傲慢。

高慢と同じか。

こちらの方が豪快なイメージがあるが、どちらも鼻持ならない。

人間はなぜか地位の高い人に気を使ってしまうが、
地位が高くなくても、神仏のごとく振る舞う人には
やはり気を使ってしまう。

周りには関係なく、
自分で自分を偉いと思いこんでいるひとには
やはり気を使ってしまう。

それが傲慢だと嫌われ物。

どうだろうか。

いのりひととしては、自分が神仏のように、
立派な優しい人である、というイメージで生きていきたい。

せこせこと、人に媚びることなく。

そのためにも、いつもの薬を唱えよう。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:妖怪
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

妖怪 手抜●615

妖怪手抜き。

はびこっている。

丁寧を売り物に出来るということは、
それだけ手抜きが増えたということだろう。

粗いというのとは少し違うのかもしれないが。

ただし、手抜きと楽をするのは違う。

やるべきことをやらないのが手抜き。

やるべきことを効率よくやるのが楽をする。
イメージは似ているが内容は全く違う。

やらなければならないと分かっているのに、やらない。

出来ない理由があったり、
やらせてもらえなかったりすることもあるが。

自分の中に、これくらいならいいだろうと
思う気持ちが出たとしたら、妖怪手抜きのせい。

急いでいつもの薬を唱えよう。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:妖怪
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

妖怪 くそ真面目●613

結構いる。

妖怪クソ真面目。

真面目だからいいっていうもんじゃない。

真面目にクソがついたら、屁より質が悪い、
とは爺さんの言葉。

ただ真実のみを告げたとしても、希望や期待を消すものであれば、
それは救いがない。

救いのある嘘を方便と言うのだろう。

普通の人に出来る芸当ではないにしても、
希望のない真実を告げるよりはましか。

言わなくてもいい真実まで言ってしまうとしたら、
妖怪クソ真面目にとりつかれ
ているかもしれない。

一見、真面目に見えるだけに、
その悪さ加減が分らない。

その危険性が分らない。

人から希望を奪う危険性が。

人間、真面目は大事だが、
それにクソがついてはいけない。

悪いと思わずに相手を陥れる。

良いと信じて接してくるだけに、
詐欺より本当に恐い。

救いのない真実や希望を奪う真実を、
よかれと思って告げていないか。

パニックになるような予言を受け売りしていないか。

妖怪クソ真面目に魅入られないように、
いつもの薬を唱えよう。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:妖怪
posted by いのりひと at 22:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

妖怪 やらずぶったくり−奪うだけかい●1010

やらずぶったくり。
堂々と妖怪である。

奪うだけ奪って、何も与えない。

最悪。

しかし、多くの宗教は無償の愛などと言って、
これをされても文句を言うな、と教える。

キレイごと。

できるかー!

自己陶酔の極み。

与え続ければ、いつか別の所からまた与えられるらしい。

そうなのか。

確かに、このブログからも、
紹介もしていない商品が売れましたが。

でもそれは、最終的には見返りを求めているわけで、
本当にやらずぶったくりをされたわけではない。

それに、このブログは世界平和の祈りがテーマだから、
稼ぐことに関しては大した期待は出来ない。

本当の意味で何もかも与えてくれるのは、
太陽の光のようなものか。

内容は別として、見返りのない行為など、
生身の人間に出来る芸当ではない。

無償の愛は、
やらずぶったくりされても黙っていろ、ということ。

何の楽しみもなく、
使命感も持たずにこんなことが続く訳がない。

そういうことを分からずに、
ただ無償の愛だけをとなえるから、
裕福な教会組織と貧乏な信者が出て来る。

妖怪やらずぶったくりのせいだ。

人の喜ぶ姿を見るのが楽しみ、
という心境は現代でもかなり特殊なことなので、
そんな心境になるまでは無理をしないことだ。

ただし、世界平和の祈りはいくらやっても無料なので、
経済的なやらずぶったくりにとりつかれることはない。

本当の宗教は、
初めはみんな無償だったはずなのに。

だって無償の愛だろ?

いのりひとは無料が大好きなので
やっぱりいつもの薬を唱えよう。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:妖怪
posted by いのりひと at 10:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

妖怪 依頼心●0910

妖怪依頼心。

これも手強い。

誰かに頼る。

何かに頼る。

依頼心があると、自分で行動を起こさなくなる。

これが問題。

大切な問題を自分で考えて行動して解決出来なくなる。

自分でやるべきことを人に頼んで、やってくれない場合に文句を言う。

まさに妖怪依頼心。

自分に出来るが人がやってくれるという場合は、ちょっと違うだろう。

それと、自分ではどうしようもないことを悟って神に祈るのは依頼心とは違うだ
ろう。

出来れば、自分にすら頼ることなく生きるのがいい。

何にも頼る必要が無くなれば、それだけ自由ということだ。

しかし、何にも頼らないのは難しい。

まあ、やがて消えてゆく姿を頼るのは問題があるだろう。

いつも見守ってくれている守護霊様に頼ろうか。

そのために、いつもの薬を唱えよう。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:妖怪
posted by いのりひと at 10:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

妖怪 冷酷●0810

妖怪冷酷。

これは本当の妖怪。
笑い事ではない。

冷静と冷酷は全く違う。

ただ冷酷なだけの人間は自分にも他人にも最悪。

ちょっと冷たいとかいうのとは、レベルが違う。

地獄からの使者。

こいつにだけは、心を明け渡してはいけない。

心はどこまでも暖かくなければならない。

神を知るためには。

幸せに生きるためには。

そして、それは出来る。

そのための方法が、いつもの薬。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。
タグ:妖怪
posted by いのりひと at 10:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

妖怪 やくにたつ●0710

多くの人は誰かの役に立ちたいと思う。

しかし、本当にその人のためになるように
役立つかどうかは分らない。

役に立ちたいばかりに焦ってしまい、
かえって迷惑をかける。

妖怪やくにたつのせいだ。

別にあなたがいなくても、
世の中はそんなに変わらない。

世の中の時代の流れは変わらない。

変革の時、象徴的な人物が出るが、
その人の予備はいる。

だから、
誰かの役に立たなければならないということはない。

自分の気持ちとして、
役に立ちたいと思うのは尊いこと。

しかし、それがおしつけになったり、
役に立たないことを嘆くようになるなら、
妖怪やくにたつにやられている。

役に立っても立たなくても、
いずれにせよ消えてゆく姿。

こんな奴に心を乱されないように、
いつもの薬を唱えよう。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。

タグ:妖怪
posted by いのりひと at 10:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

妖怪 ずるい●0410

妖怪ずるい。

大抵の人はこいつにやられる。
それにしても、楽して上手くやることが何でもずるいのか。

競争に勝つために人を陥れる策略をつかったら
ずるいように思うが。

みんなが楽しくやれる方法を見つけることがずるいのか。

どうも、小賢しい人間の浅い知恵ですり抜けてしまうと、
本当の道は失われてしまうらしい。

それでも、人間は、分かっていても、
なすがままには耐えられない。

それでは生きている気がしない。

実際には、生かされているというのに。

結局、なんだかわからないので、
どうせ分らないから、いつもの薬を唱えよう。

世界人類が平和でありますように。
日本が平和でありますように。
私達の天命がまっとうされますように。
守護霊様ありがとうございます。
守護神様ありがとうございます。

そして、妖怪が平和でありますように。

タグ:妖怪
posted by いのりひと at 10:00 | Comment(0) | 人格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。