2011年01月23日

伊達直人運動

最近話題の伊達直人運動。

偽善だという人もいるが、別にいいじゃないですか。

何も、悪いことしているわけでもないし。

日本人も捨てたもんじゃないですよね。

困っている人にプレゼントして、

黙って去っていくっていうのは

かっこいい。

まあ、勝手に警察の前に置いていくのは

困りますが。

これ貰ってもねえ、っていう人。

文句言うならオークションで売りなさい。

お金にして本当に必要なものを買えばいい。


伊達直人運動いいですね。

偽善的愉快犯という人もいますが、

それの何が悪いのですか。


同じ日の朝日新聞には、

米国で銃の乱射事件があったと報道されていました。



ああ、日本で良かった。


そりゃ、ビックリするような寄付なんかできませんが、

ちょっとほっとするようなこと、

あってもいいですよね。

なんとなくみんなが助けあっているようで。


重要なこと。

これからは、自分さえよければという人は生きていけない。

少しでも人の役に立つ気持ちが必要。

それも、

なんとなく嬉しい気持ち。

お互いに。

それが大事。

特に、プレゼントするほうが

ちょっと嬉しい気持ちになること。

もらったことが嬉しいと分かる人が

次にはあげる人になる。

そういう世の中が世界平和につながるんじゃないかと思うわけです。



スポンサードリンク
posted by いのりひと at 22:33 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。