2011年03月30日

エンジェル伝説を買ってみる

エンジェル伝説というのは、

これ。






むかし、面白かったので、

全巻揃えていたのですが、

引越しの時に全部売ってしまいました。

そこで、買いなおそうかと思っています。

別のブログで、

読書感想文など、書いてみようかなと。

今の世の中、

リアルでは、悲しいことが多すぎるので、

せめてバーチャルの中だけでも

笑いを。

そんなふうに思います。

嘆きの中からは

幸せは生まれないでしょう。

笑う門には福来る、というじゃないですか。

今回の地震で無くなった人たちも、

今、必死で戦っている人たちも、

笑って暮らせるようにと

思っているのではないか。

だからせめて

笑っていられる間は笑いたい。




楽しみを無くしてはいけないと思うんです。



posted by いのりひと at 22:22 | エンジェル伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

【発送まで3週間】ディプスリー(シングルサイズ)今なら送料無料!山田邦子や梅宮辰夫が司会で...


楽天リンク⇒【発送まで3週間】ディプスリー(シングルサイズ)今なら送料無料!山田邦子や梅宮辰夫が司会でおな...




本当に眠れるのなら安いもんです。

これは自分で確認しなければ。






ゆっくり眠らせてくれ。
posted by いのりひと at 23:02 | ディプスリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホタルイカのこうじ漬け 山米鮮魚店

販売直リンクはこちら

楽天リンク⇒調味料から無添加にこだわりました!自家製!ほたるいかこうじ漬け【冷凍】(約150g)【浜坂産...


父親が買ってくれと言ってうるさいんです。

ちちんぷいぷいで紹介されたので。

もう、食べること以外楽しみがないということです。

誕生日プレゼントということで、買うことにしました。











私は、この手の漬物が嫌いなので食べられないのですが。

posted by いのりひと at 22:28 | ホタルイカのこうじ漬け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

地震を生き残った方々へ3

地震を生き残った方々へ

なんとしても、生き抜いて下さい。

災害にあって分かったことが沢山あります。
だから、なんとしても生きて下さい。

こんな時だからこそ、日本も捨てたものじゃない、という行動が沢山あります。

だからこそ、なんとしても生きて下さい。

自分から死を選ばないで下さい。

辛いと思いますが、亡くなった人のためにも、なんとしても生きて下さい。

あなたの命が大切です。

安全な所に逃げることが出来るならそうして下さい。

各自治体も受け入れをします。

勇気を出して逃げて下さい。

そうして、なんとしても生きて下さい。

お願いします。

キレイごとは暇な時に言えばいいです。

今は避難することです。

周りの邪魔をしないためにも、逃げて下さい。

逃げ切って、生き抜いて、後で笑って下さい。

無力ないのりひとは、こんなブログを書いて、祈るくらいしか出来ません。

しかし、せっかく生き残っている人がうつ病になったり、自殺するのには耐えられません。

せっかく生き残った命を無駄にしてはいけません。

生きろ。

こんなことがあるから、人の優しさが分かると思います。

自分の至らなさが分かると思います。

生きていなければ経験出来ません。

だから、生きて下さい。

今はそのことだけを考えて下さい。

生き残って伝えて下さい。

本当にお願いします。
posted by いのりひと at 20:23 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

地震を生き残った方々へ 逃げてください

地震を生き残った方々へ

とにかく、危険なところからは逃げてください。

だれもあなたを責めたりはしません。

罪悪感を持つ必要もありません。

せっかく生きているのですから、

とにかく危険なところからは逃げてください。

あなたが、もしも若くて元気があるなら、

そしてそこにいる必要がないなら、

逃げてください。

今は、大阪より西なら安全でしょう。

ただ逃げたって、お金はどうするなどと

考えるかもしれません。

方法は色々あります。


クレジットカードがある人は、

カードで買い物ができます。

だから、最悪銀行に預金がなかったとしても、

引き落とし期限までは借りることが出来ます。

落ち着いてから返済をしなければなりませんが、

災害にあったり、被爆したりすることを考えれば、

そうも言っていられません。

楽天会員なら、楽天トラベルで宿泊施設に泊まれます。

セブンショッピング会員なら、

セブンイレブンも使えるでしょう。

関西以西に逃げ切れたなら、

とりあえず現金がなくても、

カード決済ができれば何とかなります。

カードもないなら、

オンラインショッピングが出来ます。

たとえば、楽天会員なら、

メルアドとパスワードが分かっていれば、

ネットカフェからアクセスすることで、

必要なものは買えます。

住所不定だったとしても、

セブンショッピングなら、近所のセブンイレブンに取りに行けばいいだけです。

ネットで買い物できる環境にだけしておけば、

危険地帯からは離れることが出来ます。

一刻を争うところまでは行っていないかもしれませんが、

とにかく、カードがあれば便利です。


ネットとそれを使えるASPと銀行口座があれば

しばらく、少なくとも銀行口座の引き落としが出来なくなるまでは

何とかなります。


もう、3月ですから、沖縄まで行ければ凍え死ぬこともないでしょう。


それと、日本にはお遍路という良いシステムがあります。

震災にあって、逃げてきて、

どうしょうもなくなったとしても、

四国88を巡ることは出来ます。

お金が無い人には恵んでくれます。

無料の宿もあります。

地域の人はお遍路さんを大切にしてくれます。

これから春になりますから、

歩くには絶好の季節になります。


これもひとつの選択です。

お金が無いと贅沢な旅はできません。

辛いことにはなりますが、

被災地にいて命を落としたり被爆するよりはずっといいです。


そして、


厳しいことを言いますが、

もしも、あなたが、救援のノウハウを持たない元気な人ならば、

その場を即刻離れるべきです。

あなた一人分の食料が本当に動けない人に回せます。

あなたが、若くて食欲のある人なら、

あなたのひとり分は動けない人の3人分くらいでしょう。

だから、そんな場所にいては救援の人の邪魔です。

善意で何かさせて下さいという気持ちはよくわかります。

しかし、危険地帯から逃げて、救援の邪魔をしない、

負担にならないようにする、

自分の分だけでも自分で何とかする、

その方が現実的です。


頼れる人がいるなら、

その人を頼って逃げてください。

気持ちが動くなら、

88箇所めぐりもいいです。

いのりひと自身、88箇所を歩いてめぐって、

この地域の人がどれだけお遍路さんを大切にしてくれるか

よく知っています。身にしみて知っています。

だから、絶対にあきらめないでください。

迷ったなら四国に来て下さい。

どうせ人口は少ないんです。

だから、少しぐらいの人が増えてもなんでもありません。

そして、ここでは、お遍路さんは難民ではないのですから。


日本は狭いようで広いです。

住めなくなったところにこだわってはいけません。

逃げることが出来る人は逃げてください。


とにかく、あなたの命が大切です。

あなたが、無事でなければ家族もやっていけません。

生まれ育った所以外にもあなたを受け入れてくれる場所は

いくらでもあります。


だから、

勇気を持って、逃げてください。

天災なのですから、逃げることは恥ずかしいことではありません。


1ヶ月もすれば状況は落ち着くでしょう。

それからまた戻ってもいいと思うんです。


ネットがつながれば、カードがあれば、

1ヶ月程度は現金がなくても何とかなります。

どうしても現金が必要なら最悪、カードでモノを買って質屋に行けば

ある程度の現金は作れます。

損はしますが、そんな事を言っている場合でもないでしょう。


とにかく!

あなたは生き残ったのです。

生き残った理由があるはずです。

だから、必ず生き残った理由を探さなくてはいけません。

見つかったならそれを実行しなければなりません。

それがあなたの使命ということですから。


とにかく、勇気を出してください。

ひとりでも多くの人が助かることを祈っています。


posted by いのりひと at 21:31 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

地震を生き残った方々へ

さっきメルマガを見ていたら、80歳くらいのおじいさんが、「チリの大津波でも復旧したんだから、大丈夫」と言っていました、という記事を見つけました。

こんな時に、魂の真価が問われるのでしょう。

普通、こんなことは言えません。

逆境でも淡々と明るく前向きに生きている人を尊敬します。

せっかく生き残ったのですから、どうか「なあに、まだまだ大丈夫」といって下さい。
あなたは生きなければならないから、生き残りました。

だから、どうか勇気を持って、希望を持ってただ生きて下さい。

いのりひとは大阪在住で安全なので、こんなブログを書いていますが、いつ東北と同じになるか分かりません。
たぶん、「大丈夫」なんて言えないと思います。

だから、今のうちに書いておきます。

とにかく、世界中から救援が来ています。
絶対にあきらめないで下さい。
最期の瞬間まで毅然とした態度をとる努力をして下さい。

そして、笑って下さい。

不安を消すために、何かをしていなければたまらなくなると思います。

だから、何とか笑って下さい。

それが無理なら、「明日がある」とか、「上を向いて歩こう」とか、「365歩のマーチ」とか、「幸せなら手をたたこう」とか、「手のひらを太陽に」とか、何でもいいですから明るい歌をみんなで歌って下さい。

特に、避難生活が長くなるとギスギスしてきます。

だからとにかく、落ち込む気分が入って来ないように楽しく過ごして下さい。

生き残った方々へ

遠くで祈ることぐらいしか出来ない、いのりひとからのお願いです。
posted by いのりひと at 19:53 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東日本大地震

とうとう、日本でも大地震が起こってしまいました。

いったい世界はどうなるのでしょう。

たまたま、自分は大阪在住なので、

今回の地震では特に影響を受けてはいませんが、

これから、全国的に問題が出てくるでしょう。

自分自身が問題なくても、

物流、エネルギー、食料など、タイムラグがあるけれども

必ず影響が出ます。

会社の取引先も心配です。

福島県に工場があります。

通信が出来ませんから、

詳細は不明ですし。

世界中でこれだけ大規模な地震が続けて起こるとなると、

ポールシフトも近いのかと思います。


こうなってしまっては、

人間は無力です。



本当に。


それにしても、

阪神大震災の時は、東京にいて、

何もありませんでした。

今回は大阪にいて何もありませんでした。

個人的にはありがたい事です。



そして、どういうわけか、

災害で亡くなった人は、

私の身代わりとなってくれたのではないか、

という気持ちがするのです。

ほんのちょっとの違いで、

私も巻き込まれていたかもしれません。

そう思うと、被災された方々に申し訳ない気持ちが湧いてくるのです。


関係ないと言い切ることが出来ません。


なんとか二次災害が出ないように、いのります。

posted by いのりひと at 16:20 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

代りにやってくれている

悲惨な出来事が起こると、たまに思うことがあります。

もしかすると、これは私の代りにやってくれているのではないかと。
たとえば、殺人事件があったとする。

この間も、3才の子供が大学生に殺されるという悲惨な事件がありました。

もちろん、とんでもない大学生だと思うのですが、こんなことをやってはいけませんよ、ということで、この人は私の代りに殺人をやってくれたのではないかと思うわけです。

警告として。

NZの地震もそうです。

災害に備えなさいよという警告として発生したのではないのか。

実際のところ、これらの事件は私には何の関係もありません。

知らなければ別に知らずに済むことです。

それでも報道されて見てしまうと言うことはやっぱり何かある。

もしかすると本当は、あの殺人者は私がなっていたかもしれない。
だけど代りにあの大学生が殺人をやってくれた。

もしかすると、殺された子供は私の子供だったかもしれない。

だけど、あの子が代りに殺されてくれた。

なぜか、他人が私の罪を事前に防いでくれたのではないかと思うのです。

ひとつ罪が消えた。

私の中に潜在していた罪が表に現れて消えた。

そうすると、殺人者は自分で罪を被って私の罪を消してくれたことになります。

この感覚を完全に否定して、自分は絶対に殺人なんかしない、と言い切ることが出来ればいいのですが、残念ながら可能性は誰にでもあります。

今の日本なら、気を確かに持っていれば大丈夫でしょうが、一歩海外に出れば、戦争をしている国もあるわけで、こんな国では人を殺すことは日常なのですから、自分は絶対に殺人なんかしないと言い切ることは難しい。

代りに殺人をやってくれた、代りに殺されてくれた、代りに災害にあってくれた、申し訳ない、そんな気持ちになることがあります。
罪を消してくれた。

消えてゆく姿だと。

何も自分に起こることだけが罪を消してくれる訳でもないだろう。
世の中が全部繋がっているのなら、見るものすべてが私の罪を消してくれるのではないか。

たまにこんな感覚になるわけです。
posted by いのりひと at 08:22 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

感謝にはトレーニングが必要

K´s通信に書いていました。

口に出したことは叶う。

愚痴を言えば愚痴が叶い、感謝すれば感謝したことが叶う。


残念ながら感謝する人は少ない。


たぶん本当。

感謝にはトレーニングが必要。

今の日本では。

口だけ、ありがとうございます、というのはいくらでもあります。
が、それさえ出来ない人がいます。

なんでもやってもらえるのが当たり前。

いつでも自分は悪くない。

人間の防衛本能がそうさせるのでしょうか。
そうすると、感謝をせずに愚痴を言うというのはかなり強力な行動です。

突破するには。

理性で考えて、感謝したほうが得、ということで感謝出来るならいいのですが、それならみんな感謝しています。

ということは。。

本質を考える必要があるようです。

思いついたらまた書きます。

posted by いのりひと at 09:42 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。