2010年10月11日

『らき☆すた』と学ぶ 化学[理論編]が面白いほどわかる本 [単行本(ソフトカバー)]



このブログでは世界平和を祈っているわけですが、

まあそれで、妖怪が平和でありますようにというような

おかしなタイトルをつけているわけです。

それで、日本は平和だと思う本がこれ。



『らき☆すた』と学ぶ 化学[理論編]が面白いほどわかる本

『らき☆すた』と学ぶ 化学[理論編]が面白いほどわかる本

  • 作者: 松原 隆志
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2010/10/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





らきすたが参考書になっています。

以前から、人気のあるアニメの表紙が参考書にはなるのですが、

これでやる気が出ればラッキーということでしょう。

本には挿絵がつきものなのですが、

読ませる工夫ということなのでしょう。

中身は見ていませんので、

どの程度の参考書かは知りません。

マニアでもないので・・・

本屋にあれば思わず手に取ることは間違いありませんが。

色んなマニュアルが、教科書や参考書がイラスト入りになっています。

防衛白書の表紙がストライクウィッチーズになってもいいのか?




ストライクウィッチーズ オフィシャルファンブック コンプリートファイル

ストライクウィッチーズ オフィシャルファンブック コンプリートファイル

  • 作者: 角川書店
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2009/01/10
  • メディア: 単行本






もしかすると、コレでいいのかもしれません。

日本は平和ということで。


つまらない国境の紛争を大げさに取り上げても、

多くの人には関係がありません。

実際、そんなことでお国のために死にに行く気はないわけです。

そうやって、大勢の人が死にました。

戦争にかり出されて。

最悪なのは、ジャングルを行進して、

敵の弾にも当たらずに、

病気で死んでいった・・・

この人はいったい何のために生きたのか・・・

戦争だから、国を守るといって、

ジャングルを歩いてそれで終わり。

そんな作戦を立てた人は東京で安全で、

死んだら残念でした。

それで終わり。


命を大切にしましょう。

兵隊さん一人作るのに18年かかります。

命がなくなるのは一瞬です。

だから命を大切にしましょう。

こんな教育を受けさせたいですか。

それくらいなら、らきすたで化学でも勉強してもらったほうがずっといいです。



やっぱり普通の日常のほうがいい。

だから、おかしな妖怪が出ないように。


妖怪が平和であることを祈ります。




posted by いのりひと at 11:26 | らきすた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

生死を決めるものは



さて、子羊の生死を決めるものは何でしょうか。

基本的には寿命ですから、神様です。

しかし、たまに飼い主が決めます。

それも寿命というかもしれませんが。

たとえば、友人が訪ねてくれば、

子羊を料理します。

それを決めるのは飼い主です。

羊飼いです。

子羊は生贄にされるわけです。

人間も同じ。

神から見れば子羊です。

神と名乗るものから見れば。

子羊からは神は見えません。

いつ、手を伸ばして料理されるか分かりません。

そんなことは、神様の勝手ですから。

神様が何をしようとしているかを考えても分かりません。

それは、法則などないのですから。

生命としての寿命以外に

神様に料理されるということもある、ということです。

人間は神にとって奴隷であり食料でもあるわけですから。

そのように都合よく作られているわけですから。

それが分かっても逃れることは容易ではありません。

しかし、分かっておけばいいのではないかと思うわけです。

というところで。

タグ:生死
posted by いのりひと at 23:49 | 子羊の自立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

ゆる呼吸法革命



「ゆる呼吸法革命」という本を読みました。

これです。



「ゆる呼吸法」革命

「ゆる呼吸法」革命

価格:1,260円(税込、送料別)




著者の高岡先生は「ゆる」ということで

身体をゆるめることの重要性を以前から提唱されています。

結構有名な方です。

本出しているくらいだから当たり前か。

で、

内容ですが、やることは簡単です。

細かいところは書くこともないと思いますが、

最初の呼吸法はだらっとした感じで頬杖をついて

鼻から息を吸って鼻から出す。

深呼吸です。

それだけです。

しかも、やりすぎてはいけないそうです。

ただ、コツがあります。


そのときの深呼吸は、

納得したときの呼吸でやること。


私なら、


「あ〜そうだったのか〜」といいながら息を吐いて

「すー」と吸う。

という感じです。

何に納得するかは別として、

「ふうーん」と納得したときの呼吸をすること。


そういうことでやってみました。

少し疲れを感じました。

どういうことか?

日々緊張をしているからだが、

少しゆるんだということです。

一回や二回のことでは変化はわかりません。

これからのお話です。

分かったことは、

ああそうか、とか、

なるほど、とか、

納得したときの呼吸が本当の深呼吸で、

強制的にやらされている深呼吸は一寸違うということ。

ちょうど、意味が分からずに数学の問題を解いているのと、

意味が分かって問題を解いているのが、違うようなものでしょうか。

これがもっと深まれば、「身にしみる」という呼吸になるようです。

その場合は、「習慣」だからやるとう状態を超えて

「理解」して、習慣として実施するというようになるのでしょう。

習慣として実施して、いつかその本当の意味が分かって

さらに習慣として続けるという状態。

まあ、やらずに分かるはずはない。

やる前から分かるわけがない。

やってみなければわかりません。

これだけは、絶対です。


ということで、簡単なことを続けるということに

自信のある人にはお勧めです。


「ゆる呼吸法」革命

「ゆる呼吸法」革命

価格:1,260円(税込、送料別)



気楽にやって気分がいい。

だまされたと思って、

「あーそーだったのかー」と何回か言って見ること。

では。
posted by いのりひと at 21:26 | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。